読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jthirtyの日記

ちょっと待って

人の発する言葉は半分しか聞かない。半分は本当で半分は嘘だと思ってるので話半分に聞流す。
人の顔も、人の名前も半分しか覚えない。
それはそれは冷たい人だね、それとも単に痴呆かね、もしくは阿呆?

自分が傷つかない為に話を全て真に受けず防御してるのかもしれない。
でも、人の話は半分聞いていればいい。半分理解できればたいしたものだ。
だから、自分の話も話半分に聞いてくれればいいというのは随分と虫のいい話だが本当だし嘘だ。

もっともっと嘘でいいんじゃない?

軽い。

人に会いたくないというのが自分の中では人に会いたいと同じ意味になる。
人に会って気分がぺしゃんこになって、軋轢を感じて、擦り減って生きたい。



●あの娘のaiko

住所不定無職の新作「JAKAJAAAAAN!!!!!」をよく聴いている。
CDを楽しんだ後、DVDも観た。
PVやらライブなど盛りだくさん、かわいい、かっこいい。
そんな中で「あの娘のaiko」のPVに不意打ちを喰らった。
曲は曲で大好き(もともとこの曲を豊田道倫がカバーしてるのを聴いて彼女らに興味を持ったわけだし)だけど、PVの映像が胸にグサグサと突き刺さるような場面の連続だった。
言葉にならないような息苦しさが映し出されていて色んなことを思い出した。


自分がもし死んだら、好きな人だけ来て欲しい。嫌いな人は来て欲しくない。
昔、自分が好きだったけど好きになってくれなかった人、好きになってくれたのに愛しきれなかった人。
そんなん何人もいないけど、死ぬ前に、もう一回だけ枕元に亡霊のように揃って並んでいたら本望だなと思う。