読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jthirtyの日記

ちょっと待って

●4月10日前後あたり

シネマ尾道で「ゲゲゲの女房
横川シネマで「ソウルキッチン」

スフィアン・スティーヴンスの「ALL DELIGHTED PEOPLE」を聴いてると頭にピンクフロイドが浮かぶ。
似てるのか似てないのかは分からんが高校生の頃にフロイドを聴いてたときの気分とは間違いなく近い。

Twitterよく分かんない、おもしろくないわーとか言いながらも結局使ってる。
洋楽情報から疎くなっている自分がスフィアン・スティーヴンスという人がいるというのを知ったのはとある人のツィートからだ。
それでまた大好きな音楽がひとつ増えたのだから結局ちゃんと利用してるじゃないかということになる。

その情報量やら速度は違っても、ラジオや雑誌から細々と自分に合いそうな情報を失敗しつつも拾ってきた昔と何ら変わりのないのだろう。
とは言いつつも心も体も立派なおじさんなもんで、「どうやってこのバンドの曲を知ったの?」と質問した時に「ネットで映像見て」とか
答えられると結構うろたえてしまうのだよ。
まあ、いいか。
書物の情報もネットの情報も、どっちにしろ不確かでふにゃふにゃしたものなのだろう。
それをしごいて硬くしていくのは各自がすることなんだろう。


スマトラタイガーで前野健太ライブ。
共演がウサギバニーボーイとガール椿。

言うことなしな組み合わせ。

ウサギは新しいベースの人が入ってから初めて見た。
どこでもありそうでどこにもない、なんとも言えんのがウサギたち。
コーラスが初々しくてよかった。

ガール椿は圧巻。
イキすぎてどうなってしまうのかハラハラしながら見た。
痛々しさを感じるも、それすらポップに昇華しようとしている稀有なバンド。

前野健太、やっとライブが見ることができてうれしい。
声がいいな。曲がいいな。
あー、「鴨川」聴きたかった!「せなか」も!!
と今頃リクエスト・・・。

打上げ。
歌ってる時と歌ってない時では前野健太の顔の大きさが違うことに気づく。
音楽の話と下ネタを真面目にしゃべったような記憶。
前述のウサギの新しいベースの子。聞けば21歳の学生さん。若い!!

なんと彼はヲルガン座での豊田道倫ライブに来てくれていたそうだ。
そこで前座のウサギバニーボーイを見てファンになったとか。
おじさん嬉しい。
いつもイベントは終わってしまうと後悔が多くて、あーちゃんと出来たんだろうかよかったんだろうかと疑心暗鬼ばかり。
冷静に思いだせなくなってしまう。
だから、こういったフィードバックが後からくると非常に嬉しい。
やっててよかったわ。



●4月23日あたり

そこで、宣伝。
さー、迫ってまいりました!
よろしくお待ちしております。
主催者が緊張しまくってキョドキョドしてる様をぜひ見に来て下さい。

THANK YOU MUSIC企画

JB(渕上純子 bikke) ライブ

4月23日(土)広島 ヲルガン座
 
w/オカダノリコ、徳岡歩

open 18:30 start 19:00 ¥2300/2800(+1オーダー)

問・ご予約 
ヲルガン座 082-295-1553 organzainfo@gmail.com
THANK YOU MUSIC (吉田)jthirty@wave.plala.or.jp