読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jthirtyの日記

ちょっと待って

●気分を盛り上げるために

早川義夫さんの「日常で歌うことが何よりもステキ」を読んでいる。
今まで読書をしてきてそんなこと滅多にしたことないのだけど、
気になったページに付箋をつけながら読んでいる。
なんでかはわからないけど。自分でも。

イベントは土曜日、でも金曜日に笠岡で早川さんに会える!
なんの話をしようかな?
やっぱりエッチな話かな・・・。
女の子の話かな・・・。

とにかく元気でいたい。


●そんなことはないけど

尾道のヲルガン座フェスでかわいい女の子を見かけた。
街やお店や色んな場所でかわいい女の子を見かけることはよくあることで、
でも、まあ、「かわいいなあ」とか「都会は違うなあ」とか
他人様に迷惑をかけない程度の微かな妄想を心に抱くだけにとどめている。
だいたい、そこから何か起こるわけもない。

ただその尾道の時は「かわいいし、なんかどこかで会ったことがあるのかも?」と思ったのだ。
でも、ひどく人覚えが悪い方だし、あんなかわいい子だったら忘れるはずがない。
自分の都合のよい方に考えているだけだろう。

でも、気になってもう一回振り返ってみた。
もう一回くらいなら嫌な顔もされないだろうと。

すると、向こうもこちらをじっと見ている。
ので思わず目が合ってしまった。

だけど、やっぱり思い出せないので挨拶もできない。
仮に知ってる人で、相手が僕を覚えていて声をかけてくれたら、
たとえ自分の記憶から消えていても「あ、どうもどうも!」と
覚えているフリは出来るので問題ない(ことはないけど)のでいいのだけど
相手も不思議そうな顔をしてるだけで声をかけてこない。

しまったと思った。
「他人様に迷惑をかけない程度の微かな妄想」以上の妄想を抱いてしまったことが顔に出てしまったのだろうか!?
嫌な思いをさせてしまったのか??

気まずくなったようなので変な顔をしながら家族ととってつけたような会話をしながらその場を去る。

でも、ずっと心の中で彼女の顔が消えない。
怒ってるのでもなく驚いてるのでもなく何か言いたいような顔だったような気がするのだ。
何を?
いやいや、それこそ妄想だ。自分のいいほうに解釈してるだけだ。

家族から離れ、一人で庭を歩いていると後ろから声をかけられた。
振り返るとそこにはさっきの彼女が・・・。






フィクションです。
「他人様に迷惑をかけない程度の微かな妄想」の実例です。
ほんとうです。

って何を書いているのだ。

29日を控え、気が動転しています。

THANK YOU MUSIC企画

「日常で歌うことが何よりもステキ」

早川義夫+熊坂るつこライブ

2011年1月29日(土)
場所 音楽喫茶 ヲルガン座
〒730-0805 広島市中区十日市町1丁目4-32 森本ビル 2F

電話 082-295-1553

メール organzainfo@gmail.com

開場 18:00 開演 19:00

料金 前売り3,000円 当日3,500円 (共に1order)

出演 早川義夫+熊坂るつこ ガール椿

問合せ/予約 ヲルガン座 082-295-1553 organzainfo@gmail.com


       THANK YOU MUSIC (吉田)jthirty@wave.plala.or.jp

ご予約はヲルガン座もしくはTHANK YOU MUSIC吉田まで「お名前」「枚数」「お電話番号」を明記の上ご連絡ください。